<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
no title
不安で不安で。
死にたくて死にたくて死にたくて。
薬を一気に飲み干した…。
貴方が駆け付けてくれる事を願って、今日を終える。
03:34 | - | - | -
血です。
20060615_180700.jpg
嘘です。
不健康なんで…。

トマトがベースで美味しいです。
11:42 | - | - | -
手紙。
やっと、高校時代の事を話した。
口では、上手く説明出来ないと思ったから、お手紙で。

返事が返ってきた。
読んでるうちに、ドキドキして手が震えて、泣いちゃったと書いてあった。

その友達は、もう一つのブログでよく書いてる、小学校五年生くらいの時からの友達の、のんちぃ。

彼女は、あたしと、もっと仲良くなりたいと思っていてくれていたらしい。
凄く嬉しかった。
泣きはしなかったけど(ぇ

手紙の最後に、透過は大切な親友だからって書いてあった。
嬉しい。
あたしの事を、こんなに想ってくれているなんて。

最近、プリ撮る時、あたしから手繋いでる。
なんか、恋人みたいだ(笑)


自分の素直な気持ちが言えて良かった。
知ってくれる人が、身近に出来て安心した。
これで、心置きなく過去を話せる。

服の袖から見える手首の傷を、知っていたんだけど、言っちゃいけないと思い、心の奥底にしまっておいたと書いてあった。
のんちぃは、優しいから。
大事にしたい。

だって、のんちぃは、あたしの大切な親友だから。
02:04 | - | - | -
もう。
もう忘れよう。
良かったんだよ、間に合ったんだ。
決して嫌な事じゃない。
大丈夫だよ。大丈夫だから。
ね?
00:34 | - | - | -
うげっ。
ぶりっこババァが蘇る。
きもちわりー。
19:40 | - | - | -
どうして。
どうして、痩せてからじゃないといけないの?
そりゃ、体に自信があるわけじゃないけどさ。

皆、勝手だよ。
どうして、あたしに何も言わせてくれないの?

待ってられない?
それは、あたしだって同じだよ。

もう嫌。
あんな過ちもう二度と起こしたくない。
もうやだよ。

痩せてるのが、偶然。
だから、あたしもそうなれって何?
そんなん人の勝手じゃん。
うるさいよ。
あたしの勝手にさせてよ。

皆、同じ考えの男なんていらない。
大っ嫌い。
女の子が良い。
優しい女の子が良い…。

もう疲れた…。
02:47 | - | - | -
何で?
もう関係無いのに、どうして夢を信じて、追い求めてしまうんだろう。

あの手紙は、今誰の手に渡っているんだろう。

恐いよ。
涙が出てくるよ。。
03:35 | - | - | -
花に水を。
誰だって、死ぬのは怖い。
だって、死んだらどこに行くのか分からないから。
23:58 | - | - | -
男が居た。
※これは、ホラーなようで、ホラーではありません。実話です。

二日前の夜、七時頃かな。
ベッドの中に入ってたら、また金縛りにあった。
いきなし、眠気が襲ってきて、目が強制的に閉じた。
怖かったけど、体がブルブル震えながらも、一生懸命に開けたら、
左側に、男の人が座ってた。
黒い帽子被って、黒い服着て。
真っ白い顔をして。

布団の上から、ピアノを弾くように叩いてた。
目が合ったけど、もうその時は、怖くなくて。

6秒くらい、そのままで、男は消えた。

なんだったんだろう。
他に誰もいないし。
部屋、真っ暗だったけど、そのわりによく見えた。

確かな事は、ずっと目が覚めたままだったって事。
また、薬の幻覚だったんだろうか。

今、あたしが飲んでる薬は幻覚をおさめるもののはずなんだけどな。
16:00 | - | - | -
無題
やばい。
もうなんかやだ。
どうしよう。
死にたい。
02:37 | - | - | -
<< | 2/5P | >>