<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
無題。
頭がクラクラして、何も出てこない。
はだしで、がびょうの上を歩くように
痛くて、頭が真白。

それから、世界は黒くなって。
僕だけが、真白になった。

すごく?なんかない。
ただ、この匂いが消えそうになるのが、嫌だっただけ。

大切な日なのに、ただそれだけなのに。

同じ匂いを、かまれないようにずっと探してる。


僕は、、、、もう?


(2003/11/20)
15:35 | 詩だとおもわれるもの。 | - | -
捨てネコ室。
まっしろいこんな雨夜は、全てをしまいこみたくなるよ。

そして、手首に刻みつけたくなるんだ。

独りじゃないよ。って、
誰かが言ってくれる気がして。

今が、一番あったかい。
流れる赤が、一番あったかい。


こんな雨夜は、全てをなくしたくなるよ。
ホラ、全て無かったことに・・。



(2003/11/20)
15:29 | 詩だとおもわれるもの。 | - | -
あたしの・・・。
この体も、出来たキズも、ステキな友達も。

全部、
あたしが今まで、生きてきた証なの。

だから、
誰も何も言わないで。

誰かに、何か言われる程の事じゃないから。


あたしん中じゃ、全て大事。


(2003/11/7)
15:26 | 詩だとおもわれるもの。 | - | -
三日三晩。
朝には光。
昼には風。
夜には音符のゆりかご。

ないと眠れないの。
ベッドが、揺れた。
壁が白い。

ないと眠れない薬たち。

傷をつけて、血が流れるように眠りたい。

吸いたい華の水。
眠るように死にたい朝。


(2003/10/8)
15:21 | 詩だとおもわれるもの。 | - | -
捨てた日。
ホロホロ鳥食って、大きくなった。
ホロホロ鳥食って、強くなった。
ホロホロ鳥食って、ここまでやってきた。

あとは、全部焼き尽くすだけ。

バサラの匂いで、消えてくだけ。

沈んで、沈んで無くなるだけ。

赤い林檎が、落ちるだけ。

あの白い建物みつけるべく、
今日もホロホロ鳥喰う人。

あたしは、ティーだけ。

黄色い子供。
灰色の目をした男の子の居る島。

ホロホロ鳥はいないの。
あなたしか、いないの。


(2003/10/4)
15:16 | 詩だとおもわれるもの。 | - | -
時期、灰。
スキゾ 死亡確認
瞑想 困惑
幸福 衰弱死

今日もお日様の下、アホのように生きています。

生存確認。
過去、現在、未来。

幸に×がいくらついても
今日の私が居れば、明日の私も居るのです。

泳ぎはしません。
まだ寒いですから(笑)

おさかなさんになるには、まだ早いようです。


(2003/10/4)
15:12 | 詩だとおもわれるもの。 | - | -
| 1/1P |